SSブログ
前の10件 | -

ERIK PALMBERG QUARTET & QUINTET / IN BETWEEN [Jazz Trumpet]

* ERIK PALMBERG QUARTET & QUINTET / IN BETWEEN

image1397.jpg

erik palmberg(tp,flh),
anton dromberg(p), niklas wennstrom(b)(1,2,6,7,8), sebastian voegler(ds)(1,2,6,7,8),
robert erlandsson(b)(3,4,5,9), jonas backman(ds)(3,4,9),
karin hammar(tb)(4,5,9), hampus t. adami(bs)(1,8)
2021/Prophone Records/

1 Pathways
2 In Between
3 Unfamiliar Field
4 Talking A Chance On Love (V.Duke)
5 Distant Signals
6 Frost Flowers
7 The Lighthouse
8 Conversations
9 Lingering Thoughts

私は時々トランペットも聴きたくなるのでラッパを持ったジャケットに惹かれました。
エリク・パルムベルグ(tp)は初見、スウェーデン盤です。

全9曲は自身のオリジナル8曲とその他スタンダード1曲の構成です。
当然ながら北欧らしいクールな演奏は予想していました。
音色はやさしくて丁寧なのでバラード向きだと思います。
サウンドは洗練されていて真面目で手堅い印象を受けました。
思うにトランペットとトロンボーンのフロント2管クインテットを聴くのは久し振りです。
ただやや変化に欠けるのでもう2曲くらいはスタンダードを入れても良かったと思う。

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ORRIN EVANS TRIO / DEJA VU [Jazz Piano]

* ORRIN EVANS TRIO / DEJA VU

image956.jpg

orrin evans(p), matthew parrish(b), byron landham(ds)
2001/Imani Records/

1 I Want To Be Happy
2 Explain It To Me
3 5-4-94
4 When Jen Came In
5 Rhythm-A-Ning
6 Dorm Life
7 Mont'oe
8 I Love You
9 Big Jimmy

オーリン・エヴァンス(p)の純正ピアノ・トリオだけのアルバムを聴くのは初めてです。
レーベルも違うのでまた違う表情を見せてくれるのでは?と思いました。
彼の持つ音楽性が面白く、音やサウンドにぞっこん惚れこんでハマっています。
彼のピアノにはアヴァンギャルドからカクテルまで伝統的なピアニストの全てが含まれている。
近年では最もガツンと心に響いたピアニストになりました。

全9曲、5曲が自身のオリジナルでその他4曲の構成です。
セロニアス・モンクの(5)は前回↓も入っていたので愛奏曲になりますね。
普通同じ曲は避けたいはずなのにオーリンは全く気にしません。
やっぱりオーリンのピアノはいつでも刺激的で意表を突いてきます。
(6)「Dorm Life」における超スピード感溢れるピアノも素晴らしかったです。
彼は独特なリズム感を持っていて、緩急のテンポがまた絶妙なんですよ

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

THE JEFF LORBER FUSION / WATER SIGN [Jazz Piano]

* THE JEFF LORBER FUSION / WATER SIGN

image955.jpg

jeff lorber(elp,synth,rhodes), dennis bradford(ds), danny wilson(elb),
dennis springer(ts,ss), freddie hubbard(flh), joe farrell(fl),
bruce smith(per), doug lewis(g), jay koder(g)
1979/Arista/

Side A
1 Toad's Place
2 Country
3 Tune 88
4 Sparkle
Side B
1 Water Sign
2 Rain Dance
3 Right Here
4 Lights Out

ジェフ・ローバーもまた人気のあったキーボード奏者です。
彼が結成したバンドの名前はそのまんまの「FUSION」です。
実に洗練されたフュージョン・サウンドを持っていました。
今作はゲスト陣に魅力があります。
スレディ・ハバード(flh)、ジョー・ファレル(fl)、デニス・スプリンガー(ts)などが参加しています。

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

JEFF HAMILTON TRIO / MERRY & BRIGHT [Jazz Drums]

* JEFF HAMILTON TRIO / MERRY & BRIGHT

image1396.jpg

jeff hamilton(ds), tamir hendelman(p), jon hamar(b)
2021/Capri Records/

1 It's The Holiday Season (K.Thompson)
2 Carolling Carolling (A.Burt/W.Hutson)
3 The Little Drummer Boy (K.Davis/H.Onorati/H.Simeone)
4 Let It Snow ! Let It Anow ! Let It Snow ! (S.Cahn/J.Styne)
5 Bright Bright The Holly Berries (A.Burt/W.Hutson)
6 It's The Most Wonderful Time Of The Year (E.Pola/G.Wyle)
7 Here Comes Santa Claus (H.Oakley/G.Autry)
8 Santa Baby (J.Javitz/P.Springer)
9 O Tannenbaum (Trad)
10 Have Yourself A Merry Little Christmas (R.Blane/H.Martin)

西海岸のベテラン・ドラマーのジェフ・ハミルトンの作品です。
ちょっと前にグラハム・デクター(g)の作品を紹介したけどバックを務めた2人が入っています。
ジェフとピアノのタミール・ヘンデルマンの2人です。

全10曲は題名の「Merry & Bright」に合わせたクリスマス時期の選曲になっています。
有名な「ホワイト・クリスマス」の歌詞の中にその「Merry And Bright」があるようです。
後半の7~10のクリスマス・ソングへの流れはまさにそういうことだろうと思います。
実に落ち着いていて安定感と安定感は抜群です。

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ORRIN EVANS TRIO & QUARTET / GROWN FOLK BIZNESS [Jazz Piano]

* ORRIN EVANS TRIO & QUARTET / GROWN FOLK BIZNESS

image953.jpg

orrin evans(p), rodney whitaker(b), ralph peterson(ds)
ralph bowen(as,ts)(7,9), sam newsome(ss)(8.,9)
1998/Criss Cross/

1 Rocking Chair
2 Firm Roots
3 That Old Feeling
4 The Elm
5 Bernie's Tune
6 Volition
7 Rhythm-A-Ning
8 Toy Tune
9 Route 80 East

去年オーリン・エヴァンス(p)を再評価した時に最初トリオ盤を聴いてみたいと思いました。
何というのかな、オーリンのピアノそのものに一番魅力を感じたからです。
音、テンポ、感覚、彼が持つそれらの独特の感性が私のツボにはまりました。

全9曲は自身のオリジナルはありません。
スタンダードを除くとシダー・ウォルトン(p)(2)、リッチー・バイラーク(p)(4)、モンク(p)(7)が選曲されています。
モンクはともかくウォルトンやバイラークの影響もあるかと思いました。
あとウェイン・ショーター(ts)(8)とここでも共演している師匠格のラルフ・ピーターソン(ds)(6)です。
1曲目のホギー・カーマイケルの名曲「Rocking Chair」はソロ・ピアノで始まります。
ここいら辺もちょっと面白い感覚で普通はソロは間に入れるか最後ですね。
なお4曲目がベースとのデュオです。
(1)、(4)を除く2曲目から6曲目までがトリオで(7)~(9)がカルテット、クインテット編成です。
内容はやっぱり素晴らしくて今まで何故こんな人を見逃していたのか?
知らないならそれでいいけど、知ってただけにもっと早く聴きたかった。
ダメだよね、まだまだ精進が足りないと思いました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

BRANFORD MARSALIS QUARTET / ROYAL GARDEN BLUES [Jazz Tener Sax]

* BRANFORD MARSALIS QUARTET / ROYAL GARDEN BLUES

image954.jpg

branford marsalis(ts,ss),
ellis marsalis(p), kenny kirkland(p), larry willis(p), herbie hancock(p),
ron carter(b), charnett moffett(b), ira coleman(b),
ralph peterson(ds), jeff tain watts(ds), al foster(ds), marvin "smitty" smith(ds)
1986/CBS Columbia/

Side A
1 Swingin' At The Haven
2 Dienda
3 Strike Up The Band
4 Emanon
Side B
1 Royal Garden Blues
2 Shadows
3 The Wrath Of Tain

ブランフォード・マルサリス(ts)の初期の代表作です。
今作はビジュアルなジャケットに惑わされました。
これがワン・ホーンの純ジャズ路線とは思えなかったし、私はフュージョン盤として買いました。
でも違いました、確かに甘めのところもあるんだけれど中身はジャズです。
この豪勢なメンバーを見ると凄いとしか言いようがありませんね。
各曲でメンバーが入れ替わりますが全てワン・ホーンのカルテット編成になっています。
やはり一番はピアニストにいくでしょうか。
父親のエリス・マルサリス、早世してしまったブランフォードの盟友ケニー・カークランドも参加しています。
それにラリー・ウィリスとハービー・ハンコックだけど、特にこの頃のハンコックはまだまだ健在でした。
ブランフォードも十分に健闘していると思います。
これだけのメンバーを集めたのはそれだけ期待が大きかったということですね。

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

PAT BIANCHI TRIO & QUARTET / SOMETHING TO SAY [Jazz Organ]

* PAT BIANCHI TRIO & QUARTET / SOMETHING TO SAY
The Music Of Stevie Wonder

image1395.jpg

pat bianchi(org), paul bollenback(g), byron landham(ds),
wayne escoffery(ts)(3,7)
2021/Savant/

1 Go Home
2 Until You Come Back To Me
3 Super Stition
4 Moon Blue
5 Isn't She Lovely
6 If It's Magic
7 Something To Say
8 Just Callin'
9 Ribbon In The Sky

オルガンのパット・ビアンチを買うのは4枚目になります。
最初はこんなに繊細でスマートなのはオルガンらしくないと思いました。
ところが聴いているうちにこれが新しいオルガン奏者の流れではないかと思うようになりました。
先日紹介したばかりのサム・イエールのオルガンもそうだったけどピアノ・トリオのようなオルガン・トリオです。
確かにジミー・スミスやジャック・マクダフのように弾けと言っても無理だと思います。
そういう時代じゃないのかも知れませんね。
近年のオルガン奏者というとジョーイ・デフランセスコやラリー・ゴールディングスの名前がまず挙がるでしょうか。
前述のサム・イエール、マイク・ルドンやゲイリー・ヴァーサスのようにピアノとの両刀遣いも目立ちます。

全8曲は(8)の自身のオリジナル1曲を除いて全てスティービー・ワンダーの作品です。
ジャケットを見た時にスティービーの名前に惹かれたのは事実です。
ここで最も知られているのが(5)「Isn't She Lovely」ですね。
ギタリストのポール・ボーレンバックとドラマーのバイロン・ランドハムとのトリオも固まってきたようです。
ゲストのウェイン・エスコフェリー(ts)とは以前共演しているので気心が知れています。

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ORRIN EVANS QUINTET / JUSTIN TIME [Jazz Piano]

* ORRIN EVANS QUINTET / JUSTIN TIME

image952.jpg

john swana(tp), tim warfield(ts),
orrin evans(p), rodney whitaker(b), byron landham(ds)
1997/Criss Cross/

1 Dorm Life
2 Yummy
3 It Had To Be You
4 My Shining Hour
5 Mom
6 Autumn Leaves
7 If I Were A Bell
8 Tune Up
9 Justin Time

最近オーリン・エヴァンス(p)の新譜(最近の愛聴盤で紹介済)を聴いて衝撃を受けました。
それでさかのぼって聴いてみようということで最初に選んだのが今作です。
期待通りの刺激的できらめきのある実に引き締まった演奏を聴かせてくれました。
カッコイイね~、この素晴らしさを何で今まで気付かなかったのか?
ずいぶんといい加減な聴き方をしていたものだと今さらながら反省しています。

全9曲は自身のオリジナル4曲とその他5曲の構成です。
オリジナルを聴くとセロニアス・モンクの影響が大きいことがすぐに分かります。
タッチの強さはセシル・テイラーを切れ味はハービー・ハンコックを彷彿とさせます。
まぁね、センスが良くて文句なしに素晴らしいと思いました。
(3)「It Had To Be You」のテンポなんてまさに鳥肌ものですよ。
ちなみに表題曲の「Justin Time」はオーリンのオリジナルです。
ジュール・スタインの名曲「Just In Time」と間違えてしまいました。
引っかける、それが狙いか?
オーリン・エヴァンスにはユーモアのセンスもあるかもです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

AL DIMEOLA / ELEGANT GYPSY [Jazz Guitar]

* AL DIMEOLA / ELEGANT GYPSY

image951.jpg

al dimeola(g),
jan hammer(elp), barry miles(elp), paco de lucia(g),
anthony jackson(elb), steve gadd(ds), lenny white(ds)
mingo lewis(conga)
1977/CBS Columbia/

Side A
1 Flight Over Rio
2 Midnight Tango
3 Mediterrantean Sundance
Side B
1 Race With Devil On
2 Spanish Highway
3 Lady Of Rome
4 Sister Of Brazil
5 Elegant Gypsy Suite

超絶技巧の持ち主、アル・ディメオラ(g)の代表作です。
ここでの最大の聴きどころは(3)「Mediterrantean Sundance」なります。
なんとパコ・デ・ルシア(g)とのデュオで素晴らしいフラメンコ・ギターを聴かせてくれました。
これでもかとあまりに上手過ぎて嫌になってくるというアルバムも珍しいと思います。

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

JIM SNIDERO QUARTET / STRINGS [Jazz Alto Sax]

* JIM SNIDERO QUARTET / STRINGS

image1394.jpg

jim snidero(as,fl),
renee rosnes(p), paul gill(b), billy drummond(ds),
with strings
2021/Savant/

1 Slipping Away
2 River Suite, Pt 1 Dawn
3 River Suite, Pt 2 On The Bank
4 River Suite, Pt 3 Torrent
5 Theme For Ernie (F.Lacey)
6 Forever Gone
7 Ventura
8 It's The Talk Of The Town (J.Livingston/M.Symes/A.J.Neiburg)

管楽器奏者はある程度の年齢になったり自信が付くとストリングスをバックに吹きたくなるようです。
それはそうだよね、一度はやってみたくなる気持は分かります。
ただ自分の実力がそのまま見えてしまうのでそう簡単には出来ません。
ジム・スナイデロ(as)が挑戦しました。

全8曲は自身のオリジナル6曲とその他2曲の構成です。
その内の(2)、(3)、(4)は組曲になっていてここが最大の聴きどころになっています。
(2)でしっとりと入って(3)はフルート演奏で(4)でスピード感に溢れ全体が弾けてきます。
キャノンボール・アダレイも真っ青の技巧的には十分で音色も綺麗だし健闘しているとは思います。
ただもうひとつガツンと訴えるものがないのが残念でした。
大人しい優等生的というか、安定感、安心感はあるけれどやや一本調子という印象を持ちました。

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -