SSブログ
前の10件 | -

SARAH McKENZIE / PARIS IN THE RAIN [Jazz Vocal]

* SARAH McKENZIE / PARIS IN THE RAIN

image1364.jpg

sarah mckenzie(vo,p,arr),
reuben rogers(b), gregory hutchinson(ds), mark whitfield(g),
dominick farinacci(tp)(1,5,11,13), scott robinson(as)(1,5,13),
ralph moore(ts)(1,3,5,12,13), jamie baum(fl)(1,5,7,11),
romero lubambo(g)(7,9), warren wolf(vib)(1,2,5,6,10,11)
2017/Impulse/

1 Tea For Two (Youmans/Caesar)
2 Paris In The Rain (S.Mckenzie)
3 One Jealous Moon (S.Mckenzie)
4 Little Girl Blue (Rodgers/Hart)
5 I'm Old Fashioned (Kern/Mercer)
6 When In Rome (Coleman/Leigh)
7 Triste (Jobim)
8 Embraceable You (Gershwin)
9 In The Name Of Love (Rankin/Estelle)
10 Don't Be A Fool (S.Mckenzie)
11 Onwards And Upwards ! (S.Mckenzie)
12 Day In Day Out (Bloom/Mercer)
13 Road Chops (S.Mckenzie)

サラ・マッケンジー(vo,p)の今作は発売時に気になったけどそのまま忘れていました。
サラはオーストラリアのメルボルン出身でアメリカのバークリーに通ったとあります。
現在はフランスのパリを中心に活躍中です。
ヴォーカル&ピアノの二刀流でダイアナ・クラールとイリアーヌの中間をイメージしました。

今作はドミニク・ファリナッチ(tp)に何かないか?と探していた時に引っかかりました。
ジャズの名門レーベルのインパルスからのリリースということで共演者の豪華さには驚くばかりです。
サラのピアノとリューベン・ロジャーズ(b)、グレゴリー・ハッチンソン(ds)のトリオを中心にマーク・ホイットフィールド(g)、ドミニク・ファリナッチ(tp)、ラルフ・ムーア(ts)、スコット・ロビンソン(as)、ウォレン・ウルフ(vib)、ロメロ・ルバンボ(g)、ジャミー・バウム(fl)などのシブい名前が見えます。
全13曲は自身のオリジナル5曲とスタンダード8曲とバランスの良い構成です。
作曲能力にも秀でていて表題曲の(2)「Paris In The Rain」を初め聴きどころになっています。
スタンダードの選曲も見事でサラの音楽性の全てを表していると思います。
マーク・ホイットフィールドのギター1本で歌うバラードの(8)「Embraceable You」が素晴らしい。
(4)「Little Girl Blues」、(6)「When In Rome」、(9)「In The Name Of Love」、(12)「Day In Day Out」などが選曲されたのは嬉しかったです。
今作はサラの代表作になるのは間違いなく、今後これだけの作品はむずかしいかも知れません。
なおプロデュースは「Brian Bacchus & Jay Newland」の2人です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

LEE RITENOUR & GENTLE THOUGHTS / FRIENDSHIP [Jazz Guitar]

* LEE RITENOUR & GENTLE THOUGHTS / FRIENDSHIP

image871.jpg

lee ritenour(elg.g),
dave grusin(elp.p), don grusin(elp), ernie watts(ts ss),
abe laboriel(elb), steve gadd(ds), steve forman(per)

Side A
1 Sea Dance
2 Crystal Morning
3 Samurai Night Fever
Side B
1 Life Is The Song We Sing
2 Woody Creek
3 It's A Natural Thing

リー・リトナー(g)&ジェントルソウツもまたフュージョン・シーンの人気グループでした。
実に洗練されたサウンドを持つグループで今聴いてもそれほど古さを感じさせません。
リトナーの名前を冠していますが作曲、アレンジ面でのデイヴ・グルーシンの影響力が大きいです。
ここではドラマーが前作のハービー・メイソンからスティーヴ・ガッドに変わっています。
ガッドは流石のドラミングを聴かせてくれています。
アーニー・ワッツ(ts)とエイブラハム・ラボリエル(elb)もフュージョン・シーンで名を成したプレイヤーです。
ちなみに今作はダイレクトカッティングの一発録りなのにこれほどの完成度は驚異的です。

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

ROD STEWART / STARDUST THE GREAT AMERICAN SONGBOOK Vol.3 [Jazz Vocal]

* ROD STEWART / STARDUST THE GREAT AMERICAN SONGBOOK Vol.3

image870.jpg

rod stewart(vo),
kenny ascher8p), bob cranshaw(b), allan schwartzberg(ds),
duet : betty midler(vo)(6), dolly parton(vo)(12),
warren vache(tp)(1,9), dave koz(ts)(2,8), joe sample(p)(3),
eric clapton(g)(3), stevie wonder(hca)(4), david finck(b)(6),
dave grusin(p)(7), alan pasqua(p)(11),arturo sandoval(tp)(11), etc
2004/J Records/

1 Embraceable You
2 For Sentimental Reasons
3 Blue Moon
4 What A Wonderful World
5 Stardust
6 Manhattan Duet:Betty Midler
7 'S Wonderful
8 Isn't It Romantic
9 I Can't Get Started
10 But Not For Me
11 A Kiss To Build A Dream On
12 Baby, It's Cold Outside Duet:Dolly Parton
13 Night And Day
14 A Nightingale Sang In Berkeley Square

ロッド・スチュワート(vo)の「グレート・アメリカン・ソングブック」の3枚目のアルバムです。
このシリーズは全部で5枚出てますが多分ここいら辺までは歌いたい曲を歌っていたと思います。
(2)「For Sentimental Reasons」は彼のルーツであるサム・クック(vo)の大ヒット曲です。
その他「Isn’t It Romantic」、「I Can Get Started」、「But Not For Me」、「A Kiss To Build A Dream On」、「Baby, It’s Cold Outside」などのシブい曲が並んでいます。
よく知られた有名曲よりも、ほんのちょっと外れたところにある歌がいいかなと思っています。

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

DAVID SANBORN / HEART TO HEART [Jazz Alto Sax]

* DAVID SANBORN / HEART TO HEART

image869.jpg

david sanborn(as),
don grolnick(p), herb bushler(b), steve gadd(ds),
david spinozza(g), hugh mccracken(g), mike mainieri(vib),
richard tee(p,org), anthony jackson(b),
gil evans(arr), arthor blythe(ss,as), george adams(ts,fl),
lou soloff(tp), jon faddis(tp), etc

Side A
1 Solo
2 Short Visit
3 Theme From "Love Is Not Enough"
Side B
1 Lotus Blossom
2 Heba
3 Sunrise Gospel
4 Anywhere I Wander

デヴィッド・サンボーン(as)はフュージョン・シーンにおいて絶大な人気を誇りました。
サンボーン独特の「泣きアルト」は衝撃的だったです。
「え~、何だこの吹き方は、ちょっと気持悪いかも」の評価も多かったと思います。
当然ですね、今までそんな吹き方をするアルト・サックス奏者はいなかったわけだから。
今では当たり前のように誰でもが吹いてます。
モダン・ジャズのアルト・サックス奏者の系図を振り返ってみると。
ジョニー・ホッジス、ベニー・カーター~チャーリー・パーカー、リー・コニッツが四天王になるかな。
次にジャッキー・マクリーン、キャンボール・アダレイ、フィル・ウッズ、アート・ペッパー、ポール・デスモンド等が続く。
何でこんなことを書いたかというとサンボーンのルーツは誰だろうか?と気になりました。
一番近いのはキャノンボール・アダレイでしょうね・・・中でも「Mercy,Marcy,Marcy」(1966)に注目しました。
ソウル&ファンキーでノリの良さを考えるとそうなると思います。
その他のアルト奏者ではレイ・チャールス・バンドで活躍したR&B系のハンク・クロフォードが近いかも知れません。

サンボーンもまたエリック・ゲイル(g)同様にゲストに呼ばれることが多くて多忙を極めていました。
そんなことからこの頃は人気の割に自身のリーダー・アルバムが少ないです。
今作は貴重な一枚になりますね。
ドン・グロルニック(p)、ハーブ・バシュラー(b)、スティーヴ・ガッド(ds)のトリオを中心にデヴィッド・スピノザ(g)、ヒュー・マクラッケン(g)、マイク・マイニエリ(vib)、リチャード・ティー(p,org)、アンソニー・ジャクソン(b)、ギル・エヴァンス(arr)等々。
共演者も当時のフュージョン・シーンの人気者を集めていて一聴の価値があります。

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

CARMEN McRAE / BOOK OF BALLADS [Jazz Vocal]

* CARMEN McRAE / BOOK OF BALLADS

image868.jpg

carmen mccrae(vo),
don abney(p), charles smith(b), joe benjamin(ds),
frank hunter orchestra
1958/Kapp/

1 By Myself
2 The Thrill Is Gone
3 How Long Has This Been Going On
4 Do You Know Why ?
5 My Romance
6 Isn't It Romantic ?
7 If Love is Good To Me
8 When I Fall In Love
9 Please Be Kind
10 He Was Too Good To Me
11 Angel Eyes
12 Something I Dreamed Last Night

今年はコロナの影響でCDショップから足が遠のき古い良い曲探しに出掛けました。
ビック・バンドのスイング・ジャズを聴き、バンドの専属歌手の歌も聴いた。
その流れからジャズの大御所達の1940~1950年代の歌を聴く機会を得ました。
フランク・シナトラ、ナット・キング・コール、ビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルドなど。
そんな中で再認識したのがサラ・ヴォーンとここのカーメン・マクレーでした。
二人共に私が聴いた時にはすでに貫禄十分で自在なアドリブ、スキャットに圧倒されました。
カーメンの50年代はまだ若くてストレートにスタンダードを歌っていますがこれが良かったです。
そのしっとりとした唱法にガツンときて改めて凄いジャズ・ヴォーカリストだと思いました。
私は何でも気付くのが遅いんですよね。

ちょっと前にカーメンのアルバム↓を紹介しました。

*CARMEN McRAE / A COLLECTION OF HER DECCA RECORDINGS 1955-1958

その時にヴォーカル通のTさんから勧められました。
今作もいいので聴いてみて下さいと・・・これがまた何とも素晴らしかったです。
この時カーメン36歳、艶のある歌声でまさに脂が乗り切ったバラードが聴けました。
どれも珠玉の名唱だけど私は「My Romance」「Isn't It Romantic?」「When I Fall In Love」が良かった。
聴いた人それぞれに好きな歌が選べるんじゃないかなと思います。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

CRUSADERS / STREET LIFE [Jazz Group]

* CRUSADERS / STREET LIFE

image867.jpg

wilton felder(ts,elb), stix hooper(ds,per), joe sample(key),
randy crawford(vo)(A/1), etc
1979/MCA/

Side A
1 Street Life
2 My Lady
Side B
1 Rodeo Drive
2 Carnival Of The Night
3 The Hustler
4 Night Faces

クルセイダースは1960年代初めから「ジャズ・クルセイダース」として西海岸で活躍していました。
私はその頃から大好きでそのダンサブルなサウンドに魅せられていました。
最初に聴いたのはFEN(米軍の極東向けラジオ放送)でニュースや音楽情報が一番早かったです。
メンバーはウェイン・ヘンダーソン(tb)、ウィルトン・フェルダー(ts,b)、ジョー・サンプル(p)、スティックス・フーパー(ds)です。
リーダーはスティックス・フーパーでした。
ベーシストが定まっていなくてジミー・ボンドやハービー・ルイスが起用されていたのを覚えています。
いつの間にか(ジャズ)を取って「クルセイダース」になったけど先見の明があったのかも知れませんね。
確かに才人の集まりでフュージョン・シーンのど真ん中で長い間活躍することになりました。
さて今作はランディ・クロフォードをヴォーカルに迎えた表題曲の「Street Life」が大ヒットしました。
多分、クルセイダースでは一番売れたアルバムだと思います。

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

YELLOW JACKETS + WDR BIG BAND / JACKETS XL [Jazz Group]

* YELLOW JACKETS + WDR BIG BAND / JACKETS XL

image1363.jpg

russell ferrante(p,rhodes,synth), bob mintzer(ts,EWI,fl),
dane alderson(elb), william kennedy(ds),
WDR Bic Band
2020/mack avenue/

1 Downtown
2 Dewey
3 Mile High
4 The red Sea
5 Even Song
6 One Day
7 Tokyo Tale
8 Imperial Strut
9 Coherence
10 Revelation

今作はTさんが「今年のベスト3」に上げた一枚です。
私はイエロー・ジャケッツの来日公演も見に行ってるのでこれは聴いてみたいと思いました。
今やドイツのWDRビックバンドとの共演はミュージシャンにとってステイタスになりつつあります。
色んなジャズメンがWDRと共演しています。
やはりクラシックに培われた土地柄、それほどに上品で熟成されたアンサンブルが素晴らしいです。
聴けば一目瞭然ですがアメリカのビックバンドには出せない味です。
イェロー・ジャケッツとWDRの共演もまたハーモニーが素晴らしくてまったく別の味わいになっています。
ラッセル・フェランテ(p)やボブ・ミンツァー(sax)も予想以上の出来栄えで感動したのではないかな。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ERIC GALE / TOUCH OF SILK [Jazz Guitar]

* ERIC GALE / TOUCH OF SILK

image866.jpg

eric gale(g),
allen toussaint(p,mini moog), robert dabon(fender rhodes),
david barard(b), james black(ds), kenneth williams(per),
gary brown(ts,as)(1), grover washington jr(ts,ss)(B/1),
idris muhammad(ds)(B/1,2), charles earland(org)(B/1,2),
arthur blyth(as)(B/2), harold vick(ts)(B/2)
1980/Columbia/

Side A
1 You Got My Life In Your Hands
2 Touch Of Silk
3 War Paint
4 Once In A Smile
Side B
1 With You I'm Born Again
2 Au Private
3 Live To Love


エリック・ゲイルはフュージョン・シーンにおいて最も多忙なギタリストでした。
それこそ寝る時間があるのかと思うほどあちこちの録音に引っ張りダコになっていました。
そういう影響もあったのかも知れませんんが自身のアルバムは驚くほど少ないです。
今作はそんな中での貴重なリーダー・アルバムの一枚です。
アメリカ盤ではあるけれど裏側には「きぬにふれて、えりっくげいる」という邦題も付いています。
ゲイルが来日公演をした時に大歓迎を受けたのでその時の印象が強かったのだと思います。
B面をよく聴いていました。
グローバー・ワシントン(sax)やチャールス・アーランド(org)、アーサー・ブライス(as)などはそのB面で聴けます。
B/1はモータウンの大ヒット曲でB/2はチャーリー・パーカー(as)のよく知られたバップ曲です。
全7曲の残りは全てアレン・トゥーサント(p)の曲なので彼が影のリーダーということになります。

ちなみエリック・ゲイルには「Stuff(スタッフ)」という人気グループがありました。
こちらのメンバーはエリック・ゲイル(g)、コーネル・デュプリー(g)、リチャード・ティー(key)、ゴードン・エドワーズ(b)、スティーヴ・ガッド(ds)、クリストファー・パーカー(ds)です。

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 

JOHN SCOFIELD TRIO / SWALLOW TALES [Jazz Guitar]

* JOHN SCOFIELD TRIO / SWALLOW TALES

image1362.jpg

john scofield(g), steve swallow(b), bill stewart(ds)
2020/ECM/

1 She Was Young
2 Falling Grace
3 Portsmouth Figurations
4 Awful Coffee
5 Eiderdown
6 Hullo Bolinas
7 Away
8 In F
9 Radio

今作はKさんが「今年のベスト3」に上げた一枚です。
何となく勘が働いてこれは絶対に聴いてみたいと思いました。
予想はバッチリ大当たりでした・・・今作は良かったです。
作曲家としての評価も高いスティーヴ・スワロー(b)の曲をギター・トリオで演奏する。
ジョン・スコフィールド(g)の目の付け所も流石だけど内容も素晴らしかったです。
ジョンスコの魅力は武骨さとある種のくどさ、そして色気だと思っています。
それが年齢と共に枯れてきていい感じの味わいになってきました。
三位一体のギター・トリオ盤は一級品・・・3者が醸し出す雰囲気は最高です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)

nice!(0)  コメント(0) 

ART FARMER / CRAWL SPACE [Jazz Trumpet]

* ART FARMER / CRAWL SPACE

image865.jpg

art farmer(tp,flh),
david grusin(key), will lee(b), steve gadd(ds),
eric gale(g), jeremy steig(fl), george mraz(b)(A/1)
1977/CTI/

Side A
1 Crawl Space
2 Siddhartha
Side B
1 Chanson
2 Petite Belle

アート・ファーマー(tp)が持つ雰囲気と音色はフュージョン向きだと思っていました。
今作はジャズ・バーでよくリクエストしていて多分フュージョン盤で一番聴いたアルバムです。
ここはメンバーが揃っていました。
デイヴ・グルーシン(key)、ウィル・リー(b)、スティーヴ・ガッド(ds)のリズムセクションは素晴らしい。
エリック・ゲイル(g)とジェレミー・ステイグ(fl)、ジョージ・ムラツ(b)の共演も魅力です。
特にステイグのフルート・ソロはひと味違っていて聴きどころになっています。

特にB面が好きだった・・・物凄く癒された思い出があります。
今回改めて聴き直してみたけど「なぜそんなに好きだったのか」は定かでありません。
当時は仕事が滅茶苦茶に忙しくてやたら疲れていたので毎晩のように飲んだくれていた。
そんな中で何かが心に響いたと思う・・・確かにジャズは私の人生と共にあります。

(くつろぎ系)

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -